自転車を不用品回収して修理・整備して、再度販売するビジネスが注目されています。3年前の東日本大震災発生時、都心部では多くの帰宅困難者が現れました。

京都の遺品整理に関する情報を提供中です。

地震の影響があまりない首都圏で、過剰に反応した公共交通機関の多くが運休や減便したためです。


船舶解体情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

その多くは線路点検など安全確保のためでしたが、数百万人単位での帰宅困難者はタクシーや身内の乗用車、あるいは徒歩での帰宅を余儀なくされましたが、この時に自転車が帰宅手段として注目されたのです。

それ以前からも健康志向や”ジテツウブーム”などで利用者増加の兆しは見えていましたが、この事件が決定的となり、ブームが到来しました。

しかし、それと同時に多くの放置自転車を生み出すこととなりました。
以前からこの問題は存在していましたが、市町村の予算では決定的な対策が打てず、いたちごっことなっていた面もあります。

東京の便利屋の情報を探すならこちらです。

不用品回収された自転車の保管場所も問題でした。

保管料を徴収して管理費に充てているのが通常ですが、徴収料を払うのを嫌がって所有者が取りにこないのです。


人気上昇中の廃船処理情報を利用しましょう。

中国産の安価な製品の輸入拡大もそれに拍車を掛けています。

そこで、不用品回収された自転車を安価で引き取ったり、不用なものを無料で引き取ったりして修理・清掃して再生させて販売するというビジネスモデルが誕生しました。

商売をする側としては、仕入れコストが殆どかからず、自分の手間・時間だけがコストとなるため、低コストで企業できることになります。


屋根裏のねずみ駆除の人気が上昇しています。

https://www.facebook.com/sendai.smilelife
http://kanka.or.jp/
http://fujifukushikai.or.jp/htdocs/users/seisou/


Copyright (C) 2016 自転車を不用品回収して販売するビジネス All Rights Reserved.